宋瑞文的部落格

關於部落格
舊名宋竑廣
  • 32609

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

Album (4)愛していると云ってくれ

坂本龍一說的這句話,用來形容「怜子」一曲應該很貼切。這首歌持續地跟內心的嫉妒拔河,想要掙扎出理智而痛苦不堪;複雜難解,充滿了成人式的悲哀──這也是中島美雪歌曲的特色之一。 「你可曾有過這樣的經驗嗎?即便在追尋他的路途中失足跌倒,口裡還繼續呼喚他的名字。」緊接著第三首「別離之歌」提出這樣的問題。這也就罷了,在副歌更想問的是:「別離總是會來的,緊隨幸福而臨;是我習慣如此嗎?習慣在醒來後孤單一人。」悲切的詞意透過朗朗上口的旋律流瀉開來,使得歌曲在悲愴之餘,也具備大眾性,難怪這首「別離之歌」為中島美雪拿下70年代的冠軍曲。第四首「海浪聲」是美雪古典的主題,海常常成為她的故鄉或救贖,在這裡她悲苦地向海呼喊,冀望看見值得安慰的幸福景象。 前面說中島美雪的歌濕氣淋漓的坂本龍一,親身見識過美雪錄音的情形。也是這張CD樂手的他,常常在錄音室聽到悲鳴,走過去瞧見是美雪在唱歌,並且是真的在哭。他所看到的景象,我們在聽第五首「化妝」的時候也可以想見。這首歌描寫女人為了要讓男人後悔所以化妝,但最後狼狽不堪,哭著逃向巴士的情景。副歌字字句句唱得崩潰不堪,就像哭花了的妝一樣,非但沒吸引到男人,還讓自己不忍卒睹。 搭上巴士逃離窘境後,情傷的女人來到一間小酒館。第六首爵士小品「牛奶32」應該能讓她稍微放鬆一下, 綽號牛奶的酒保是女人單純的朋友嗎?好像是對女人也有點愛戀的異性好友呢。情傷的女人也真倔強,只說了「為何我倆都那麼好面子又愛逞強?」不知不覺中,酒保這位老朋友已幫女人付了帳單。看來,或許有一天這倆位不會在是平行線吧。 既然喝了酒,就該忘懷一切、輕鬆過日,第七首「信天翁」開始說傻話。我倆因為看似相合而邂逅,但我的輕鬆是要有個家好敞開心房;而你的輕鬆是沒有固定的方向。那就算了吧,算了吧,笑吧,別想太多。 第八首是美雪敘事歌的傑出作品「你的家」。描述不能逐夢的男人失意的情景,筆觸細膩寫實,情感溢於言外而富想像空間。看似簡單的旋律,卻巧妙地在變化中涵蓋了所有小說般的歌詞,實在是以歌訴情的模範之作。 大體上以悲苦為主軸的這張專輯,聽到最後一首時感覺固然還是悲哀的,視野卻格外開闊,這便是中島美雪經典之作之一的「世情」。這首抗議用的政治歌曲,顯示出美雪的左派態度。如果說「時代」那首經典是母性關懷,那這首就是女神姿態。森然的男子合聲中,湧現嚴正的演歌唱腔;她挺身對抗世俗的姿態,斥責袖手旁觀的有心人,悲壯地守護永恆的夢。她從CD裡唱出的聲浪儘管並非實體之物,卻實際上影響了當時的抗議方式! 補充說明,封面的設計靈感取自法國攝影家Brassaï拍攝娼寮的作品「Backstage at the Folies-Bergere」(1932)。 p.s.頁面播放的曲目是第五首「化妝」,按esc停止。要看第三首「別離之歌」的電視演唱影片請按下面連結: 1978年中島美雪電視演唱別離之歌 1 「元気ですか」 02:40 2 怜子 02:40 3 わかれうた 03:57 4 海鳴り 03:27 5 化粧 05:07 6 ミルク32 04:33 7 あほう鳥 04:06 8 おまえの家 06:32 9 世情 06:12 【作詞】中島みゆき 【作曲】中島みゆき 【編曲】吉野金次 (1,3,4,7) ・吉野金次&福井峻 (2,9) ・中島みゆき (6,3) 【最高位】2位 元氣ですか/妳好嗎? 「元氣ですか」と 電話をかけました 「妳好嗎?」撥給她的電話裡我這麼問 あの女(ひと)のところへ電話をかけました 我打了給那女人的電話 いやな私です 別這麼做吧 我想 やめようと思ったけれど 雖然想停止這種行為 いろんなこと わかってるけれど 雖然很多內情我都知道 わかりきってるけれど 雖然我心知肚明 可是... 電話をかけました 我還是撥了這通電話 あの女(ひと)に元氣かとききました 在電話裡我問候她妳好嗎? あの女(ひと)に幸せかとききました 問候她幸福快樂嗎? わかっているのに わかっているのに 其實答案我早知道了 知道地一清二楚 遠回しに 探りをいれてる私 繞著圈子 我一直跟她套話 皮肉のつもり 嫌がらせのつもり 真矛盾的動機 真是惹人厭的念頭 いやな私…… 我告訴自己別這樣啊 あいつに嫌われるの 當り前 在被他討厭以前 別這樣  あの女(ひと)の聲は濁りがなくて 她的聲音(跟我不同) 不是混濁的嗓音 真夜中なのに つきあってくれる 在深夜裡她用這樣的聲音客氣地對我說話 きっと 知ってるのに 一定早就被她發現了吧 あいつ 言ったでしょう 私のこと 那傢伙有告訴她我的事吧 うるさい女って 言ったでしょう 「囉唆的女人一個!」是這樣跟她說的吧 ……そうね ...........應該是這樣 あいつは そんな男じゃない わかってる 但我知道他應該不是這種人 (有關我的事不需要他說) あいつのこと うるさく追いかける私 誰だって知ってる 因為誰都知道 我用盡唇舌來追求他的事 でも あなただけ笑わなかった 但是 只有妳不會因此取笑我 やさしいのね やさしいのね 妳好溫柔體貼 好善解人意啊 あの頃はもう 愛されていたから? 在妳表現出這樣的氣質的時候 已經深深地吸引了他吧 ……何を望んでるの あたし 我還在盼望什麼啊我 あの女(ひと)もいつか 飽きられることを!? 難道期待他有一天厭倦了她嗎!? あの女(ひと)は いつまでも 電話につきあってくれて 她在電話裡對我一直都表現地很得體 あたしは別に話すことなんかない 我沒有說什麼別的事情 聲をきいてみたかっただけよ 只是聽著她說話 どんな聲があいつは好きなの 到底他喜歡的聲音是怎麼樣的呢? どんな話し方があいつは好きなの 到底他喜歡的說話方式是怎麼樣的呢? ……私 電話をかけました 所以我打了這通電話 「あいつがやけに あなたの繪をほめるのよ」 「他很欣賞妳的畫呢。」我這麼說 「あたしも あの繪 好きだな」 「我也好喜歡那幅畫。」 「それにね あのモデル 實は あたしの彼に…そう 彼に ちょっと似ててね……」 妳答道:「那個啊,其實模特兒, 是我男友....有點像他就是..」 ……ウソ ばっかり…… 謊言 都是謊言 誘いをかけてるだけよ 說那是妳男友只是在拐我吧! あいつの話が出ないかと思って 我想這跟他無關的 不是嗎? 「明日どうするの」だって 「明天怎麼樣?有空嗎?」她說 そんなこと 知ったことじゃ ないわよね 妳問的那些事我怎麼知道啊! どうして そんなに答えるの 為什麼我會跟著回答呢..... わかってるのよ あたし 我明白我自己 わかってるのよ あたし 很清楚自己想要什麼 ほんとは 其實 「そこにいる あいつを 電話に出して」 って言いたいのよ 我想說的是:「他在那裡吧,請把電話給他。」 …… …… あの女(ひと)が最後まで しらを切ったのは 那女的到最後 都是一副不知情的模樣 最大限の 私への思いやり 這是她所能給我的 最溫柔的對待了吧 わかってる あたし 我知道 自己(沒希望) わかってる あの女(ひと) 我知道 她(是很好的女人) わかってるのに わかっているのに 這我都明白 都知道 うらやましくて 好羨慕 うらやましくて 羨慕她 ……つき合ってくれてありがとう 謝謝她親切地招呼我 でも今夜は 私 泣くと思います 可是 今晚我想我還是會哭泣 うらやましくて 真羨慕 やっぱり 就是這樣 うらやましくて 好羨慕 うらやましくて 好羨慕 うらやましくて 好羨慕 今夜は 泣くと ……思います 今天晚上我想我會哭的 皮肉/ひにく;嫌がらせ/いやがらせ;濁り/にごり;真夜/まよ。  怜子(れいこ)/怜子 怜子 いい女になったね 惚れられると 女は 本当に 變わるんだね 怜子,妳竟變得如此動人, 陶醉在愛河中的女人果然是不一樣的。 怜子 ひとりで街も步けない 自信のない女だった おまえが 噓のよう 怜子,妳以前可是膽小到甚至不敢獨自上街, 實在令人不敢相信所看到的。 ひとの不幸を 祈るようにだけは なりたくないと願ってきたが 以往總期望自己不要墮落到會去詛咒別人的地步, 今夜 おまえの幸せぶりが 風に追われる 私の胸に痛すぎる 但是今晚妳散發出的幸福氣息, 重重的壓在我的胸口讓我難受極了。 怜子 みちがえるようになって あいつにでも 本気で 惚れることが あるんだね 怜子,妳像脫胎換骨了一般, 想不到他也有動真情的時候。 怜子 あいつは 誰と居ても 淋しそうな男だった おまえとならば あうんだね 怜子,他以前不管和誰在一起, 總是看起來落寞寡歡,由妳作伴確實滿適合的。 ひとの不幸を 祈るようにだけは なりたくないと願ってきたが 以往總期望自己不要墮落到會去詛咒別人的地步, 今夜 おまえの幸せぶりが 風に追われる 私の胸に痛すぎる 但是今晚妳散發出的幸福氣息, 重重的壓在我的胸口讓我難受極了。 惚れられる/ほれられる/惚れる;自信/じしん;不幸/ふこう; 追われる/追われる/追う;居ても/いても/居る。  わかれうた/別離之歌 1. 途に倒れて だれかの名を 呼び續けたことが ありますか 你可曾有過這樣的經驗嗎? 即便在(追尋他的)路途中失足跌倒 口裡還繼續呼喚他的名字 人ごとに言うほど たそがれは 優しい人好しじゃ ありません 他人都道夕陽溫柔體貼 是來者不拒的好人 (黃昏下挫折地)倒臥在路旁的我卻感覺不出來 別れの気分に 味を占めて あなたは 私の戸を叩いた 籠罩在別離的氣氛下 當時的你敲著我的房門 私は別れを 忘れたくて あなたの眼を見ずに 戶を開けた 想要忘卻分離這回事的我 在開門的時候 刻意避開你的視線  わかれはいつもついて來る 幸せの後ろをついて來る それが私のクセなのか いつも目覚めれば独り 別離總是會來的 緊隨幸福而臨 (會變成這樣)是我習慣如此嗎? 習慣在醒來後孤單一人 2. あなたは愁いを身につけて うかれ街あたりで 名をあげる 身上有股哀愁的你 在喧鬧歡樂的街景當下 你的名字一言而喻 眠れない私は つれづれに わかれうた 今夜も 口ずさむ 而無法成眠的我 百無聊籟地 在今晚一樣給自己唱了首別離之歌 だれが名付けたか 私には 別れうた唄いの 影がある 到底是誰為這首歌取了這樣的名字呢? 這首歌讓我感同身受 歌中的哀情對我來說是如影隨形 好きで別れ唄う 筈もない 他に知らないから 口ずさむ 並非是我喜歡吟唱別離的感覺 只是我不知道有什麼別的可以唱 才這樣哼著它 恋の終わりは いつもいつも 立ち去る者だけが 美しい 每每總是在戀愛要結束的時候 只有起身離去的人到最後還感覺得到戀愛的美麗 残されて 戸惑う者たちは 追いかけて焦がれて 泣き狂う 但是被拋棄的人卻是迷惘無策 只能追逐離去的人的背影 迷失  淪於愛情   哭到失去理智   わかれはいつもついて來る 幸せの後ろをついて來る それが私のクセなのか いつも目覚めれば獨り 別離總是會來的 緊隨幸福而臨 (會變成這樣)是我習慣如此嗎? 習慣在醒來後孤單一人 あなたは愁いを身につけて うかれ街あたりで 名をあげる 身上有股哀愁的你 在喧鬧歡樂的街景當下 你的名字一言而喻 眠れない私は つれづれに わかれうた 今夜も 口ずさむ 而無法成眠的我 百無聊籟地 在今晚一樣給自己唱了首別離之歌 途/と;倒れて/たおれて/倒れる;気分/きぶん;味/あじ; 占めて/しめて/占める;戸/と;叩いた/たたいた/叩く; 愁い/うれい;名付けた/名付けた/名付ける; 残されて/のこされて/のこす;戸惑う/とまどう; 焦がれて/こがれて/焦がれる;狂う/くるう。 海鳴り(うみなり)/海浪聲 海鳴りが寂しがる夜は 海浪鳴起寂涼之音的夜晚 古い時計が泣いてなだめる 古老的時鐘落下眼淚想撫慰它 遠く過ぎて行った者たちの 声を真似して 呼んでみせる 海浪讓我聽到呼喊的聲響 聽來近於行路遠不可及的人們的聲響 覚えてるよ 覚えてるよ 我一直記得 一直記得啊 この足元で はしゃいでいたね 就在我現在駐足的地方 有過歡樂的過往 覚えてるよ 覚えてるよ 我記得這裡 我記得過往啊  時計だけが約束を守る 但只有時鐘會守候過往的約定   海鳴りよ 海鳴りよ 海浪聲啊 海浪聲啊 今日も また お前と 私が 殘ったね 在你面前 今日的我依然是殘存一人  海鳴りよ 海鳴りよ 海浪聲啊 海浪聲啊 今日も また お前と 私が 殘ったね 在你面前 今日的我依然是殘存一人  見てごらん 今步いてゆく  あんな ふたりを 昔みたね 讓我看看吧 看見眼前的愛侶朝暮相行 讓我在過去就見到這一幕 そして 今日は 明日は 誰が 私の ねじを 巻いてくれるだろう 如此一來 在今日 在明日 應該就會有人為我上緊發條好繼續人生吧 忘れないで 忘れないで 我忘不了 我忘不掉 叫ぶ聲が 今も 聞こえてる 當初呼喊的聲音 到現在都還能聽到   忘れないよ 忘れないよ 忘不掉啊 忘不了啊 時計だけが約束を守る 但只有時鐘會守候過往的約定   海鳴りよ 海鳴りよ 海浪聲啊 海浪聲啊 今日も また お前と 私が 殘ったね 在你面前 今日的我依然是殘存一人  海鳴りよ 海鳴りよ 海浪聲啊 海浪聲啊 今日も また お前と 私が 殘ったね 在你面前 今日的我依然是殘存一人  真似して/まねして/真似す;足元/あしもと;叫ぶ/さけぶ; 巻いて/まいて/巻く。 化粧(けしょう)/化妝 化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど せめて 今夜だけでも きれいになりたい 平常根本不在乎化妝這回事, 但渴望至少今晚能打扮得漂漂亮亮的。 今夜 あたしは あんたに 逢いに ゆくから 最後の最後に 逢いにゆくから 今晚我將去找你,最後最後一次的去找你。 あたしが出した 手紙に束を返してよ 誰かと 二人で 読むのは やめてよ 請把我寫給你的信全部還我吧, 千萬不要和某人邊笑邊看啊。 放り出された昔を 胸に抱えたら 見慣れた夜道を 走って帰る 抱著被你拋出來的一大疊過往回憶, 獨自奔跑在這熟悉的夜路。 流れるな 涙 心でとまれ 流れるな 涙 バスが出るまで 求求你呀眼淚別掉了,振作點快停止吧; 求求你啊眼淚,巴士起動前(我不想這麼不堪哪)。 バカだね バカだね バカだね あたし 愛してほしいと 思ってたなんて 我真傻,我真傻,我真是傻到無藥可救, 居然妄想能得到他的青睞。 バカだね バカだね バカのくせに 愛してもらえるつもりでいたなんて 我真傻,我真傻,我實在是傻到了家, 居然妄想他會真的愛上我。 化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど 今夜,死んでも いいから きれいになりたい 平常根本不在乎化妝這回事,但今晚就是失去生命也想變成美人。 こんなことなら あいつを捨てなきゃよかったと 最後の最後に あんたに 思われたい 「早知道她這麼漂亮,就不該拋棄她才對。」 最後最後我還是希望能讓你這麼想。 流れるな 涙 心でとまれ 流れるな 涙 バスが出るまで 求求你呀眼淚別掉了,振作點快停止吧; 求求你啊眼淚別掉了,巴士起動前(我不想這麼不堪哪)。 バカだね バカだね バカだね あたし 愛してほしいと 思ってたなんて 我真傻,我真傻,我真是傻到無藥可救, 居然妄想能得到他的青睞。 バカだね バカだね バカのくせに 愛してもらえるつもりでいたなんて 我真傻,我真傻,我實在是傻到了家, 居然妄想他會真的愛上我。 束/たば;見慣れた/見なれた/見慣れる;夜道/よみち。 ミルク32(みるくさんじゅうに)/牛奶32 ねえ ミルク またふられたわ 唉,牛奶,我又被甩了。 忙しそうね そのまま聞いて 你看起來真忙, ゆらゆら 重ね上げた お皿と カップの かげから 就在堆積搖晃的杯盤後面邊做事邊聽我講吧。 ねえ ミルク またふられたわ 唉,牛奶,我又被甩了。 ちょっと,飛ばさないでよ この服高いんだから 喂,水不要噴過來啊, 這件衣服可是很貴的呢。 うまくは いかないわね 今度はと 思ったんだけどな 為何這麼的不順,以為這次一定會成功的說。 あんたときたら ミルクなんで飲んでてさ 早年認識你時看你竟然在喝牛奶, あたし 随分 笑ったわね 這件事讓我嘲笑了許久, いつのまに バーボンなんて 飲むように なったのよ 什麼時候你卻學會了喝烈酒? ねえ ミルク 悪いわね 唉,牛奶,真是不好意思, ふられた時ばかり現われて 總是在被人家甩了之後才出現。 笑ってるの 怒ってるの 你在偷笑嗎,還是在生氣? そんなに 無口だったかしらね 你以前是這麼沈默的人嗎? ねえ ミルク 聞いてるの 唉,牛奶,你有在聽嗎? 今,それ どうしても 洗わなきゃならないの 那些討人厭的碗盤非得立刻洗不可嗎? 忙しいものなのね マスターともなると 聽說當上了掌櫃可就得忙得七葷八素, ほんとかしら 是真是假呀? なんで あんなに あたしたち 二人とも 意地を 張りあったのかしらね 為何我倆都那麼好面子又愛逞強? ミルク もう 32 あたしたち,ずっと このままね 牛奶,我已經32了, 我們永遠都是平行線。 ねえ ミルク もう終わりでしょ 唉,牛奶,要打烊了吧? 帰るわ レシートは どこ? 我也該走了, 咦,我的帳單呢? 表は雨降り夜 外面是下著雨的夜晚, もう少し いようかしら…… 我是不是再待一下呢… ねえ ミルク 唉,牛奶, ねえ ミルク 唉,牛奶, ねえ 唉。 重ね/かさね;お皿/おさら;随分/ずいぶん;怒ってる/おこってる/怒る; 無口/むくち;意地/いじ;表/おもて。 あほう鳥(あほうどり)/信天翁 あたしは とても おつむが輕い 我的小腦袋瓜想得不會很多 あんたは とても 心が輕い 你的心也很逍遙自在 二人並べて よくよく 見れば どちらも 泣かない あほう鳥 看到我們倆走在一起  怎麼看怎麼像到哪兒都不會哭的信天翁 惡い夢を見て 泣くなんて 做惡夢啦 哭泣流淚啦 いい年をして することじゃない 裝年輕啦 這些事都別搞了 いつもどおり あたしどおり 照平常這樣過吧 用自己這種呆腦活吧 つづけるさ ばか笑い 繼續這副樣子囉 粗俗地大笑ㄎㄎㄎ 忘れます 忘れます 忘掉吧 忘掉吧 あんたが好きだったって こともね 既使是喜歡你的一切都能忘掉的啦 忘れます 忘れます 忘掉吧 忘掉吧 あたしが生きていたって こともね 即使是活到現在的一切都能忘掉的啦 あたしは いつも ねぐらを探す 我呢 老是想要一個家 あんたは いつも 出口を探す 你啊 總是想逃離這地方 二人あわせて 二つにわれば 我們倆相遇也好 就是我們倆分開也罷 どちらも いいとこ あほう鳥 信天翁飛到哪都是好去處的呢 惡い夢を見て 泣くなんて 做惡夢啦 哭泣流淚啦 いい年をして することじゃない 裝年輕啦 這些事都別搞了 いつもどおり あたしどおり 照平常這樣過吧 用自己這種呆腦活吧 つづけるさ ばか笑い 繼續這副樣子囉 粗俗地大笑ㄎㄎㄎ 忘れます 忘れます 忘掉吧 忘掉吧 あんたが好きだったって こともね 既使是喜歡你的一切都能忘掉的啦 忘れます 忘れます 忘掉吧 忘掉吧 あたしが生きていたって こともね 即使是活到現在的一切都能忘掉的啦 出口/でぐち。 おまえの家(おまえのいえ) 你的家 雨もあがったことだし おまえの家でも ふっと たずねて みたくなった   けれど おまえの家は なんだか どこかが しばらく 見ないまに 変わったみたい 雨停了之後,就突然想去拜訪你住的地方。 不過一陣子不見,你的家感覺好像不太一樣了。 前には とても おまえが聞かなかった 音樂が 投げつけるみたいに 鳴り続けていたし 迎面而來的是你根本不會去聽的音樂, 不斷地發出鳴鬧的聲音對外頭迫擊。 何より ドアを あける おまえが なんだ 言いかけて おまえもね と 言われそうで 默り入んだ 過來幫我開了門,你先是說了些話想招呼我;  卻似乎感覺來人會對你的樣子說些什麼,便沉默地帶我進入室內。  昔 飼っていた猫は 黒猫じゃ なかったね 髪型も そんなじゃ なかったね 過去你養的貓並不是黑貓,髮型也變了。 それは それなりに 多分 似合ってるんだろうけど なんだか 前のほうが と 言いかけて とめた 這些改變可能還蠻適合你的樣子,除此之外就閉口不談以前的事; 言いだせないことを 聞きだせもせずに 二人とも 默って 說不出口的情事,我們兩個都不想聽到,於是兩個人都沉默以對。  お湯の沸く 青い火をみている 水滾了,我們看著藍色的爐火。    何を飲むかと ぽつり お前は たずねる 你寂寥地說:「想喝些什麼?」,然後找找要沖泡的飲茶; 喫茶店に來てる気は ないさ 如此的招待,卻沒有來到喫茶店的氣氛。  ねえ 昔よく聽いた あいつの新しいレコードがと わざと 明るく きり出したとき おまえの淚をみる 「以前常聽那傢伙彈奏說。耶?!這是他的新唱片嗎?」 我冒出這句話的時候,很明顯地,我看見了你的眼淚。 ギターは やめたんだ 食って いけないもんな と それきり 火を見ている 「現在已經不玩吉他了,靠吉他無法混飯吃。」   說完這話,你就一直看著爐火不提那些。    部屋の隅には 黑い革靴がひとつ 在房內的一隅,有一隻黑色的皮靴; くたびれて お先に と 休んでる 破損了也疲倦了,躺在那裡結束與人往來。    お湯のやかんが わめきたてるのを ああと 氣がついて おまえは 笑ったような 顏になる (看著這皮靴,水壺開水沸騰的警示聲傳來。) 「啊啊!該去注意一下。水壺在叫了啊!」 我緊張的動作,讓你的表情有了笑意。 なにげなく タンスに たてかけた ギターを あたしは ふと見つめて 思わず思わず 目をそむける 隨後我偶然瞥現靠在櫃子的吉他,想都沒想便將視線避開;  あの頃の おまえのギターは いつでも こんなに 磨いては なかったよね 以前你的吉他,不論什麼時候都不像現在這樣保養地好好的呢。  あんまり ゆっくりも してはいられないんだ 「這麼悠閒下去不行的,我得走了呢。」 今度 また來るからと おまえの目を見ずに言うと 「下次會再來跟你敘舊。」我避開你的視線說。 そうか いつでも 來てくれよと 「那,不管什麼時候,都歡迎妳來喔。」 そのとき おまえは 昔の顏だった 在那時候,你又浮現跟過去一樣的容顏。 コートの衿を立てて あたしは仕事場へ向かう 把衣領拉好,我要到工作的地方去了, 指先も 衿もとも 冷たい 手指跟領子都好冷。  今夜は どんなに メイジャーの歌を弾いても 今天晚上不管是彈哪一種會讓人心情開闊或歡樂的大調, しめっぽい 音を ギターは 出すだろう 應該都是濕冷寂寥的聲音吧。 飼って/かって/飼う;髪型/かみがた;似合って/にあって/似合う; お湯/おゆ;沸く/わく;喫茶店/きっさてん;革靴/かわぐつ; 磨いて/みがいて/磨く;衿/えり;弾いて/ひいて/弾く。 世情(せじょう)/世情 1. 世の中はいつも 変わっているから 頑固者だけが 悲しい思いをする 世局紛流 不斷變遷 唯有不屈服的人 願意思索那其中可悲的一面 変わらないものを 何かにたとえて その度 崩れちゃ そいつのせいにする 若問何事 不曾改變 便是在失序的時況 從不曾缺少那羔羊代罪 シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく 変わらない夢を 流れに求めて 眾人的聲浪 川流不息 只求那永不改變的夢能夠繼續  時の流れを止めて 変わらない夢を 見たがる者たちと 戦うため 力阻時勢的變動 為求那永續的夢  和罔顧世局的傢伙 對抗到底而怒吼  2. 世の中はとても 臆病な猫だから 他愛のない嘘を いつも ついている 世上總有許多膽怯的貓 散播著沒有同理心的謊言 包帯のような 嘘を 見破ることで 学者は 世間を 見たような気になる 謊言如同繃帶纏繞無盡 一一被智者識破 彷彿早已看穿過無數次地不足為奇 シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく 変わらない夢を 流れに求めて 眾人的聲浪 川流不息 只求那永不改變的夢能夠繼續  時の流れを止めて 変わらない夢を 見たがる者たちと 戦うため 力阻時勢的變動 為求那永續的夢  和罔顧世局的傢伙 對抗到底而怒吼  シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく 変わらない夢を 流れに求めて 眾人的聲浪 川流不息 只求那永不改變的夢能夠繼續  時の流れを止めて 変わらない夢を 見たがる者たちと 戦うため 力阻時勢的變動 為求那永續的夢  和罔顧世局的傢伙 對抗到底而怒吼  シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく 変わらない夢を 流れに求めて 眾人的聲浪 川流不息   只求那永不改變的夢能夠繼續  時の流れを止めて 変わらない夢を 見たがる者たちと 戦うため 力阻時勢的變動 為求那永續的夢  和罔顧世局的傢伙 對抗到底而怒吼  頑固/がんこ;崩れ/くずれ;臆病/おくびょう;他愛/たあい; 包帯/ほうたい;見破る/みやぶる;学者/がくしゃ;世間/せけん 附注: 1.法國攝影家Brassaï的資料:http://www.masters-of-photography.com/B/brassai/brassai_articles1.html 2. 第1首與第6首直接使用demo帶錄製。第1首的背景音樂是古典音樂作曲家Franck,Cesar 前奏.復格與變奏曲 Prelude, Fugue et Variation op.18 。第6首:牛奶是酒保的暱稱。以位於札幌的喫茶店為背景。第6首第9首在1981年的連續劇「3年B組金八先生」裡的暴力畫面使用而引起話題。 3. 參與製作的音樂家計有つのだひろ(Dr)、後藤次利(EB)、坂本龍一(Pf)、増田俊郎(EG)、斉藤ノブ (Lat)等等。 翻譯:1.3.4.7.8.9由竑廣翻譯,2.5.6是wen的翻譯。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態