追蹤
宋瑞文的部落格
關於部落格
舊名宋竑廣
  • 32900

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

歡場歌 人生詩──中島美雪歡場歌薈萃

比方說,想到百感交集這個字眼,就會想起「她的生存之道」的歌詞: 『沒錯沒錯,我哪就像那蒲公英,被風一吹,咻地就飛了起來。飛去想去的城鎮,飛去想去的天空,但是一有想降落的地方,就會被吹得更高更遠。』──「她的生存之道」 我總是覺得這段話就這麼概括了一切,再多幾句就少了濃縮的純度似的,無言以對。就像「口紅」一曲裡那支淡櫻花色的口紅代表了曾經有過的清純,已經沒有什麼好說的了,哭泣也不必,虛假的陪笑還比較實際;一如「伊蓮」那樣橫死的生命,的確是無言以對。 這是一種看不見卻又彌漫在空氣中的悲傷嗎?連親情的光暈都讓人感到過於銳利似的,想起不好的事情。  『凌晨三點前一定要去接小孩,小孩的夜哭聲彷彿在耳邊響起。那顯得陌生的眼神,就像那傢伙一樣,總是冰冷地望著我。』──SUGAR 看著這段歌詞,我又不免想著,這孩子的父親是誰呢?是「山貓」裡的皮條客還是玩弄女人的爛男人呢?恐怕不會是「毒花女」裡面無緣的良人吧。 但就算是尋歡的恩客,美雪筆下的歡場女子也會帶著疼惜的心情看待他們,如同「險坡」裡再三被男人怪罪的女人,帶領這些失意的恩客到極樂地帶:  『讓我的手搭上你垂頭喪氣的頭,幫你把幸福和不幸福的界線給模糊掉。今晚歡迎你來,這裡是極樂地帶。今晚歡迎你來,這裡是極樂地帶。』──歡迎你來極樂地帶 買笑追歡的世界,虛情假意的世界,淪落風塵的女人從「對鏡」裡看不到夢想。但正因為如此,她對自己演戲,演出夢想中的自己;搖身一變,又成為販賣幻夢的女人,在藥物與酒精的催化下,謊言般的夢中竟也有幾分真實。 『你在找女人吧! 你是在找自己吧!遙遠的從前,你就是在找那一天 對吧!不管男人或女人都是女人。』『你可知夢之樹的果實在哪兒,我就是以賣它為生。』──凡是以女人生財的生意 男人女人都是女人?歡場中的悲情更是人生?中島美雪耐人尋味的句子引人深思,也讓人在止淚之後嘆息。 P.S.中島美雪關於歡場(妓女、歡客等)的歌如下(包括以上未提及的歌曲): あぶな坂/險坡 Album1  彼女の生き方/她的生存之道 Album2 ルージュ/口紅 Album6 エレーン/伊蓮 Album7 あわせ鏡/對鏡 Album8 極楽通りへいらっしゃい/歡迎你來極樂地帶 Album13 毒をんな/毒花女 Album14 やまねこ/山貓 Album14 シュガー/SUGAR Single 御機嫌如何/SUGAR ふたりは/倆個人 Album18 女という商売/凡是以女人生財的生意 Album27 あぶな坂(あぶなざか)/險坡 1. あぶな坂を越えたところに あたしは住んでいる 坂を越えてくる人たちは みんな けがをしてくる 過了險坡就是我住的地方 過了險坡的男人﹐每人都帶了傷。    橋をこわした おまえのせいと    口をそろえて なじるけど   「都是因為妳把橋拆了」每個人異口同聲地責怪我 遠いふるさとで 傷ついた言いわけに 坂を 落ちてくるのが ここからは見える 為了在故鄉所受的傷找藉口﹐而從坡上跌下。 ---從這裡看得見。 2. 今日も だれか 哀れな男が 坂を ころげ落ちる あたしは すぐ 迎えにでかける 花束を抱いて 今天又有可憐的男人從坡上滾下來。 我立刻出去迎接他﹐帶著花束。    おまえがこんなやさしくすると    いつまでたっても 帰れない   「妳這麼溫柔﹐害我沒法回去」 遠いふるさとは おちぶれた男の名を 呼んでなどいないのが ここからは見える 遙遠的故鄉﹐沒在呼喚落魄的男人。 ---從這裡看得見。 3. 今日も坂は だれかの痛みで 紅く 染まっている 紅い花に 魅かれて だれかが 今日も ころげ落ちる 險坡今天依然為男人的傷痛染紅。 險坡今天依然有男人為紅花吸引而滾下去。    おまえの服が あんまり紅い    この目を くらませる   「妳的衣服太紅﹐我的眼睛為之昏眩。」 遠いかなたから あたしの黒い喪服を 目印にしてたのが ここからは見える 從遠處便直朝我的黑喪服而來。 ---從這裡看得見。 彼女の生き方(かのじょのいきかた)/她的生存之道 1. 酒と くすりで 体はズタズタ 忘れたいことが 多すぎる 在酒跟藥物的作用之下 我的身體也爛得七零八落了 這都是因為想忘記的事情實在太多太多了 別れを告げて来た中にゃ いい奴だって 居たからね 經過一段時間聽夠了男人來說要離開我 開始當個帶種的娘們好好活 死んでいった男たち 呼んでるような 気がする 「去死啦!」 好像有聽到一群男人在罵這個 發現他們好像在叫個不停 生きている奴らの 言うことなんか 聞かないが 我這種還要繼續過活的大姐頭 哪裡會聽到那些人在囉嗦 彼女の人生 いつでも晴れ 她的人生啊 可是無時無刻在大放光明呢 2. そうさ あたしは タンポポの花 風に吹かれて 飛んでゆく 沒錯沒錯 我哪就像那蒲公英 被風一吹 咻地就飛了起來 行きたい町へ 行きたい空へ 落ちると思えば 飛びあがる 飛去想去的城鎮 飛去想去的天空 但是一有想降落的地方 就會被吹得更高更遠  浮気女と 呼ばれても 嫌いな奴には 笑えない 叫我淫蕩的女人是嗎? 你這麼說我也不會被你刺激到 省省力氣吧惹人厭的東西 おかみさんたちよ あんたらの方が あこぎな真似を してるじゃないか 很多媽媽桑呢 對付你這種三流招術 還可能會得意地模仿淫蕩的賤樣回敬你呢 彼女の人生 いつでも晴れ 她的人生啊 可是無時無刻在大放光明呢 3. 思い通りには 動かない 世の中なんて 何もかも 要說心想事成事事順心 我是沒有這個命 生在世間啦或人生啦什麼的 很多東西都是這樣 だけど あたしだって 世の中の 思い通りなんか 動かない 不過我也就這樣過活啊 在世上呢 美夢成真要什麼有什麼點點點 跟我沒有關係又怎樣 彼女の人生 いつでも晴れ 她的人生啊 可是無時無刻在大放光明呢 4. ああ 今日も また 裏街は うわさ話の 花盛り 啊~ 今天花柳巷裡也是一樣 姐姐妹妹鶯鶯燕燕 天花亂墜地把流言亂講 浮気な風を 追い払え 裏切り者を たたき出せ 姐妹們 那股騷勁還要再加強才行 出來跟那些背叛女友背叛太太的男人打情罵俏去吧 そうさ あたしは タンポポの花 風に吹かれて 飛んでゆく 沒錯沒錯 我哪就像那蒲公英 被風一吹 咻地就飛了起來 行きたい町へ 行きたい空へ 落ちると思えば 飛びあがる 飛去想去的城鎮 飛去想去的天空 但是一有想降落的地方 就會被吹得更高更遠  彼女の人生 いつでも晴れ 她的人生啊 可是無時無刻在大放光明呢 ルージュ(るーじゅ)/口紅 口をきくのがうまくなりました どんな酔いしれた人にでも 我現在已經很會搭訕了 即使面對一個爛醉如泥的人也一樣 口をきくのがうまくなりました ルージュひくたびにわかります 我現在很會交際弄歡了 每擦一次口紅 就知道自己變得越來越會說話 あの人追いかけてこの街へ着いた頃は まだルージュはただひとつ うす桜 當初為了追他 跟到這個地方時 身上還剩下口紅一支 淡淡的櫻花色 あの人追いかけてくり返す人違い いつか泣き慣れて 為了追那個人 我不斷地把人認錯 不知不覺中習慣了哭 口をきくのがうまくなりました ルージュひくたびにわかります 我現在很會交際弄歡了 每擦一次口紅 就知道自己變得越來越會說話 つくり笑いがうまくなりました 心馴染めない人にでも 我現在已經很會陪笑了 就算對方不是我的男人也一樣 つくり笑いがうまくなりました ルージュひくたびにわかります 我現在已經很會陪笑了 每擦一次口紅 就知道自己夠虛假 生まれた時から渡り鳥も渡る気で 翼をつくろうことも知るまいに 候鳥一出生就知道要遠行 整理翅膀的時候就知道自己的本能 気がつきゃ鏡も忘れかけた うす桜 おかしな色と笑う 而我一留神才發現 連鏡子都快忘記那 淡淡的櫻花色 如今被人所嘲笑的奇怪顏色 つくり笑いがうまくなりました ルージュひくたびにわかります 我現在已經很會陪笑了 每擦一次口紅 就知道自己夠虛假 生まれた時から渡り鳥も渡る気で 翼をつくろうことも知るまいに 候鳥一出生就知道要遠行 整理翅膀的時候就知道自己的本能 気がつきゃ鏡も忘れかけた うす桜 おかしな色と笑う 而我一留神才發現 連鏡子都快忘記那 淡淡的櫻花色 如今被人所嘲笑的奇怪顏色 エレーン(えれーん)/伊蓮 風にとけていったおまえが残していったものといえば 提起隨風而逝的妳所遺留下來的東西嘛, おそらく誰も着そうにもない 安い生地のドレスが鞄にひとつと 可能只有些沒人要穿的便宜布料做的衣服, 和一個手提袋如此而已。 みんなたぶん一晩で忘れたいと思うような悪い噂 那些讓大家在一晚內就想忘掉的難聽謠言, どこにもおまえを知っていたと 口に出せない奴らが流す悪口 是由一群對妳根本不了解的人們在傳播的。 みんなおまえを忘れて忘れようとして幾月流れて 所有人逐漸把妳忘了, 或者說想把妳忘掉,而歲月也不斷的流逝。 突然なにも知らぬ子供が 突然間有個懵懂無知的小孩, ひき出しの裏からなにかをみつける 從抽屜底部翻出了某樣物品來, それはおまえの生まれた国の金に替えたわずかなあぶく銭 那是已經變換成妳出生國度的貨幣的一點私房錢。 その時 口をきかぬおまえの淋しさが 這時候,再也無法言語的妳曾有過的寂寞, 突然私にも聞こえる 一瞬間突然讓我感受到了! エレーン 生きていてもいいですかと誰も問いたい 伊蓮,每個人都想問:我到底有繼續活下去的價值嗎? エレーン その答を誰もが知ってるから 誰も問えない 伊蓮,這個答案其實每個人都心知肚明, 所以誰也不敢真的問出口。 流れて来る噂はどれもみんな本当のことかもしれない 這些四處流傳的謠言,也許全部是真的也說不定。 おまえは たちの悪い女で 死んでいって良かった奴かもしれない 妳確實是個壞女人;的確是死有餘辜傢伙也說不定。 けれどどんな噂より 但是不管是怎樣惡毒的傳言; けれどおまえのどんなつくり笑いより、私は 或者和妳如何強裝出來的笑容比較起來,我覺得, 笑わずにはいられない淋しさだけは真実だったと思う 只有那不禁要叫人發狂的寂寞才是最真實的。 今夜雨は冷たい 今晚下的這場雨真冷啊。 行く先もなしにおまえがいつまでも 我彷彿看到妳漫無目的, 灯りの暖かに点ったにぎやかな窓を ひとつずつ のぞいてる 不斷的張望著一個個點著溫暖的燈光; 吵雜熱鬧的別人家的窗口。 今夜雨は冷たい 今晚下的這場雨真冷啊。 エレーン 生きていてもいいですかと誰も問いたい 伊蓮,每個人都想問:我到底有繼續活下去的價值嗎? エレーン その答を誰もが知ってるから 誰も問えない 伊蓮,這個答案其實每個人都心知肚明, 所以誰也不敢真的問出口。 エレーン 生きていてもいいですかと誰も問いたい 伊蓮,每個人都想問:我到底有繼續活下去的價值嗎? エレーン その答を誰もが知ってるから 誰も問えない 伊蓮,這個答案其實每個人都心知肚明, 所以誰也不敢真的問出口。 あわせ鏡(あわせかがみ)/對鏡 グラスの中に自分の背中がふいに見える夜は あわせ鏡を両手で砕く 夢が血を流す 晚上我無意間在酒杯中看見自己的背影 不忍卒睹 變成對鏡的杯子直接用雙手捏碎 雙手見血 夢想也見血  なりたい夢となれる夢とが本当はちがうことくらい わかってるから鏡みるとき芝居してるのよ 我期待的夢跟我能擁有的夢會不同不是我能左右 就是瞭解到這一點才會在照鏡子演出夢想中的自己  つくり笑いとつくり言葉であたいドレスを飾るのよ 袖のほつれたシャツは嫌なの あたい似合うから 虛偽的笑和虛偽的話語用來搭配酒家女的服裝最合宜 袖口綻線的襯衫就讓我討厭 因為其實我很適合穿成那樣 鏡よ鏡 あたいは誰になれる 鏡よ鏡 壊れてしまう前に 鏡子啊鏡子 你說我會變成什麼樣的女人呢? 鏡子啊鏡子 在我還沒完全崩潰以前我會變成怎樣? つくり笑いとつくり言葉で あたいドレスを飾るのよ 袖のほつれたシャツは嫌なの あたい似合うから 虛偽的笑和虛偽的話語用來搭配酒家女的服裝最合宜 袖口綻線的襯衫就讓我討厭 因為其實我很適合穿成那樣 放っておいてと口に出すのは本当はこわいのよ でもそう言えば誰か来るのをあたい知ってるの 其實是很害怕說出別管我這樣的話 但是我知道若是這樣說的話就會有人來安慰我 明るい顔ができるまでには クスリたくさん必要よ 大丈夫よって言えるまでには お酒 必要よ 在我能裝出一副明媚的表情之前 大量的藥物是必要的 在我能說自己沒事之前 酒也是必要的 鏡よ鏡 あたいは誰になれる 鏡よ鏡 壊れてしまう前に 鏡子啊鏡子 你說我會變成什麼樣的女人呢? 鏡子啊鏡子 在我還沒完全崩潰以前我會變成怎樣? 明るい顔ができるまでには クスリたくさん必要よ 大丈夫よって言えるまでには お酒 必要よ 在我能裝出一副明媚的表情之前 大量的藥物是必要的 在我能說自己沒事之前 酒也是必要的 鏡よ鏡 あたいは誰になれる 鏡よ鏡 壊れてしまう前に 鏡子啊鏡子 你說我會變成什麼樣的女人呢? 鏡子啊鏡子 在我還沒完全崩潰以前我會變成怎樣? 明るい顔ができるまでには クスリたくさん必要よ 大丈夫よって言えるまでには お酒 必要よ 在我能裝出一副明媚的表情之前 大量的藥物是必要的 在我能說自己沒事之前 酒也是必要的 極楽通りへいらっしゃい(ごくらくどおりへいらっしゃい)/歡迎你來極樂地帶 何処からきたのってあたしが訊いたら 馴れたふりして答えてね 昨日住んでた場所なんて訊いてないわ 今夜の気分で答えてね 「您是從哪裡來的呢?」我問道 麻煩您裝作對這問題已聽慣了再回答我就好 並不是要問您昨日棲身何處 請隨著今天晚上的氣氛回答我吧    泣きだしそうなあんたのためには 暗い灯りと堅い椅子 ヤケになりそうなあんたのためには 赤い灯りとやばい服 為了泫然欲泣的你 我們把燈光調暗 我們選了堅固可靠的椅子好讓你坐 為了面帶不快的你 燈光用暗暗的紅 而且我們穿的衣服大膽又讓人心癢 うつむく首すじ手をかけて 幸せ不幸せ混ぜてあげる 讓我的手搭上你垂頭喪氣的頭 幫你把幸福和不幸福的界線給模糊掉 今夜はようこそ ここは極楽通り 今夜はようこそ ここは極楽通り 今晚歡迎你來 這裡是極樂地帶 今晚歡迎你來 這裡是極樂地帶 汗が染みたの涙こぼしたの 濡れた上着を脱ぎなさい あたし誰かのふりしてあげようか お酒なしでも泣けるでしょ 帶著汗水的眼淚汩汩流下 弄濕上衣了請您脫下它吧 我要為您扮演什麼角色好呢? 受到這些招待 沒有酒來的你未醉淚先流了呢  今日は何回頭下げたの ひとからバカだって言われたの 殴り返したい気持ちを貯めて あたしを笑いにきたんでしょ うつむく首すじ手をかけて 幸せ不幸せ混ぜてあげる 今天你又不知道跟人低頭過幾次 還被人罵說真是笨到不行 想還他們一拳的氣力姑且為我留下吧 用來笑一個給人家看嘛 讓我的手搭上你垂頭喪氣的頭 幫你把幸福和不幸福的界線給模糊掉 今夜はようこそ ここは極楽通り 今夜はようこそ ここは極楽通り 今夜はようこそ ここは極楽通り 今晚歡迎你來 這裡是極樂地帶 今晚歡迎你來 這裡是極樂地帶 今晚歡迎你來 這裡是極樂地帶 毒をんな(どくをんな)/毒花女 噂は案外当たってるかもしれない 女の六感は当たってるかもしれない 流言有時也是出乎意料地說對事實 就像女人的第六感或許更正確 おひとよしの男だけがあたしに抱き盗られている 子供の瞳が怯えている 子犬のしっぽが見抜いている 我是不是專門在誘拐老實的男人好偷走他們的東西呢? 小孩子的直覺敏銳 用膽怯的眼神看著我 動物的直覺準確 狗見了我尾巴都下垂 自信に満ちた男だけがあたしにまきあげられてる 自信滿滿的男人也是我下手的好對象呢 酒場からの手紙は届きはしない あんたのもとへは届かない 從酒家寄出的信哪兒也到不了 也沒法送到你身邊去  助けてくださいとレースペーパーに1000回血で書いた手紙 「請你救救我!」 我是用蕾絲邊的信紙在說這句話  這句話我是用血在信上寫了一千遍在跟你求救  この人間たちの吹きだまりには 蓮の花も咲きはせぬ 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 蓮花要開也不會開在這裡 この人間たちの吹きだまりには 毒のをんなが咲くばかり 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 就我這毒花女的毒花毒草才會長在這裡 未明の埠頭を歩いたよね手も握らずに歩いたよね あの日のあたしはいなくなったたぶん死んでしまった 「我們走去黎明的碼頭逛逛嘛!」「去看看嘛,不用連人家的手都握得緊緊的嘛。」 說這種話的我還存在嗎? 那一天的我沒了吧 大概是死無全屍了吧我想 噛みつかれたら噛み返すよ 踏みつけられたら足をすくうよ 要是被人咬一口就要咬回去 要是有人踐踏你就得絆倒他才行 そうならなけりゃ誰があたしを守ってくれるというの 要是我不這樣過活 那你說是誰要來保護我呢? 酒場からの手紙は届きはしない あんたのもとへは届かない 從酒家寄出的信哪兒也到不了 也沒法送到你身邊去  助けてくださいとレースペーパーに1000回血で書いた手紙 「請你救救我!」 我是用蕾絲邊的信紙在說這句話  這句話我是用血在信上寫了一千遍在跟你求救  この人間たちの吹きだまりには 蓮の花も咲きはせぬ 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 蓮花要開也不會開在這裡 この人間たちの吹きだまりには 毒のをんなが咲くばかり 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 就我這毒花女的毒花毒草才會長在這裡 ここから出ようと誘いをありがとう 男の親切はとっくに手遅れ 目を醒ませよと殴るよりも金を払って帰っておくれ 「離開這裡吧。」 謝謝你來跟我提出這樣的邀請 男人的好意來得太遲 老早就來不及 一切都變了 現在的我是每天被人打醒過來叫出去搜括錢財 扉の陰に見張りがいるよ あんたとわたしを盗聴してるよ 愛してません他人でしたこれがあたしの愛の言葉 門後有人在監視! 有人正在竊聽我們的對話! 「我可不愛你,早愛上別人了!」 我給你的情話就是這樣 酒場からの手紙は届きはしない あんたのもとへは届かない 從酒家寄出的信哪兒也到不了 也沒法送到你身邊去  助けてくださいとレースペーパーに1000回血で書いた手紙 「請你救救我!」 我是用蕾絲邊的信紙在說這句話  這句話我是用血在信上寫了一千遍在跟你求救  この人間たちの吹きだまりには 蓮の花も咲きはせぬ 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 蓮花要開也不會開在這裡 この人間たちの吹きだまりには 毒のをんなが咲くばかり 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 就我這毒花女的毒花毒草才會長在這裡 この人間たちの吹きだまりには 蓮の花も咲きはせぬ 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 蓮花要開也不會開在這裡 この人間たちの吹きだまりには 毒のをんなが咲くばかり 這裡的人們都是些窮途末路的無根浮萍 就我這毒花女的毒花毒草才會長在這裡 やまねこ/山貓 女に生まれて喜んでくれたのは 菓子屋とドレス屋と女衒と女たらし 生為女人就是要享受這些東西: 糖果店或服裝店啦 三七仔或皮條客啦還有玩弄女人的爛男人 嵐あけの如月壁の割れた産室 生まれ落ちて最初に聞いた声は落胆の溜息だった 春初的暴風雨裡 我人在牆壁龜裂的產房 嬰兒一呱呱落地只會聽到我失望地在嘆息 傷つけるための爪だけが 抜けない棘のように光る 我只有這對為了傷人而生的爪子 爪子上的光芒亮得好像去不掉的刺一樣刺眼 天(そら)からもらった贈り物が この爪だけなんて この爪だけなんて 上天送給我的禮物只有這樣 竟然只有這對爪子而已 竟然只有這對爪子而已啊  傷つけ合うのがわかりきっているのに 離れて暮らせない残酷な恋心 明知你我的結合會導致互相傷害 但是一分離我又無法生活下去 好殘酷的愛戀哪  ためにならぬあばずれ危険すぎるやまねこ 1秒油断しただけで さみしがって他(ほか)へ走る薄情な女(やつ) 不想淪落成一個眾人嫌的女光棍 就要當極危險的山貓一隻 只要你有一秒不注意我 我就會因為寂寞快快另外找個男的來安慰 做個薄情的娘們 手なずけるゲームが流行ってる 冷たいゲームが 流行ってる 處處陷阱的勾搭遊戲正在流行 冷漠無情的愛情遊戲 大家都是這樣 よそを向かないで抱きしめて 瞳をそらしたら きっと傷つけてしまう 不准你看別的地方要緊緊地抱住我 要是把視線移開我身上 我一定會把你傷到遍體鱗傷 ああ 誰を探してさまよってきたの ああ めぐり逢えても 傷つけずに愛せなくて愛したくて怯えている夜 啊啊~ 我徬徨地游走是在尋找誰?  啊啊~ 即使有幸能夠邂逅 也會因為害怕受傷而無法愛人也會因為想要愛人而度過膽怯的夜 傷つけるための爪だけが 抜けない棘のように光る 我只有這對為了傷人而生的爪子 爪子上的光芒亮得好像去不掉的刺一樣刺眼 天(そら)からもらった贈り物が この爪だけなんて この爪だけなんて 上天送給我的禮物只有這樣 竟然只有這對爪子而已 竟然只有這對爪子而已啊  手なずけるゲームが流行ってる 冷たいゲームが 流行ってる 處處陷阱的勾搭遊戲正在流行 冷漠無情的愛情遊戲 大家都是這樣 よそを向かないで抱きしめて 瞳をそらしたら きっと傷つけてしまう 不准你看別的地方要緊緊地抱住我 要是把視線移開我身上 我一定會把你傷到遍體鱗傷 (合聲) 傷つけるための爪だけが 抜けない棘のように光る 我只有這對為了傷人而生的爪子 爪子上的光芒亮得好像去不掉的刺一樣刺眼 天(そら)からもらった贈り物が この爪だけなんて この爪だけなんて 上天送給我的禮物只有這樣 竟然只有這對爪子而已 竟然只有這對爪子而已啊  手なずけるゲームが流行ってる 冷たいゲームが 流行ってる 處處陷阱的勾搭遊戲正在流行 冷漠無情的愛情遊戲 大家都是這樣 よそを向かないで抱きしめて 瞳をそらしたら きっと傷つけてしまう 不准你看別的地方要緊緊地抱住我 要是把視線移開我身上 我一定會把你傷到遍體鱗傷 シュガー(しゅがー)/SUGAR スパンコールと羽飾りをつけて 今夜もあたしの出番が来る ありえないような お伽の駅から 今夜も 男たち 旅立ってゆく 穿上金光閃爍及羽飾的衣裙 我再出場  從童話中的虛幻車站開始 男人們又開始今晚的旅程 二文字 砕けた 呼び込みのネオンは おかげで 故郷のつづりと似てしまった 霧の深い夜は 大好きよ 5m先に あの日の夢たちが 映画みたいに映る 壞了兩個字的霓虹燈招牌 竟和家鄉的寫法十分相似 縱愛這霧色茫茫的黑夜 往日的夢如電影一樣 浮現在五公尺遠的距離之外 夢は57セント 1度足を上げる値段 夢から夢へ綱渡り SUGAR SUGAR 砂糖菓子 我的夢就值57分錢 等於我跳舞抬一次腳的價格 從一個夢到另一個夢如走鋼索 SUGAR SUGAR 砂糖點心 A.M.3時までには 迎えに行かなきゃね あの児の夜泣きする声が 聞こえて来る 預けっぱなしで なつかない瞳が あいつとそっくりに あたしをさげすむわ 凌晨三點前一定要去接小孩 小孩的夜哭聲彷彿在耳邊響起 那顯得陌生的眼神  就像那傢伙一樣 總是冰冷地望著我 夢は57セント 1度足を上げる値段 胸から胸へ綱渡り SUGAR SUGAR 砂糖菓子 我的夢就值57分錢 等於我跳舞抬一次腳的價格 從一個夢到另一個夢如走鋼索 SUGAR SUGAR 砂糖點心 欲しかったものは 手に入れたわ 何もかもさ ほら こんなに光ってる 靴もネックレスも 人生は 2番目の夢だけが叶うものなのよ ほら だって あの人はあたしに残らない 想要的東西一切都已在手中 你看 閃閃發光的鞋子和項鍊 人生只有第二個夢想才能實現 你看 那個人始終都不屬於我 隣の店から 風に乗って流されて来る 油の匂いで 胸やけがするわ スポンジのようなパンを 水で喉に押し込んで 今夜も 極楽へ 踊り出してゆく 從隔壁店裡隨風飄來的油味 讓我的胸口很不舒服 像海綿一樣難吃的麵包 灌水沖入喉嚨 今晚還是跟平時一樣得舞向極樂 夢は57セント 1度足を上げる値段 ここから どこへ まだゆける SUGAR SUGAR 砂糖菓子 我的夢就值57分錢 等於我跳舞抬一次腳的價格 從一個夢到另一個夢如走鋼索 SUGAR SUGAR 砂糖點心 夢は57セント 1度足を上げる値段 ここから どこへ まだゆける SUGAR SUGAR 砂糖菓子 我的夢就值57分錢 等於我跳舞抬一次腳的價格 從一個夢到另一個夢如走鋼索 SUGAR SUGAR 砂糖點心 ふたりは/倆個人 (人群) 「ごらんよ あれがつまり遊び女って奴さ 「快來看哪!那就是婊子。  声をかけてみなよ すぐについて来るぜ  你叫她一聲,準會馬上跟你來。  掃除が必要なのさ   この街はいつでも人並みに生きてゆく働き者たちの  ためにあるのだから」  要進行大掃除! 這城市為賺血汗錢的人存在。」 街を歩けば人がみんな振り返る 只要走在街上,人人都會回頭來看。 そんな望みを夢みたこと なかったかしら子供の頃 這種夢想,童年可曾有過。 街じゅうにある街灯に私のポスター 滿街的電線桿上都是我的海報, 小さな子でさえ私のこと知っていて呼びかけるの 連小孩都叫得出我的名字。 「バ・イ・タ」 「婊子。」 (人群) 「ごらんよ子供たち ああなっちゃ終わりさ 「看那!孩子們,人要變成那樣就完了。  奔放な暮らしの末路を見るがいい 那就是放蕩的下場! 近づくんじゃないよ 病気かもしれない 千萬別靠近,可能會有暗病呢! 耳を貸すんじゃない 呪いをかけられるよ」 千萬別聽她胡說,她會詛咒你!」 緑為す春の夜に 私は ひとりぽっちさまよってた 春色翠綠的夜裡,我獨自徘徊, 愛だけを望む度 我只渴望得到愛。 愛を持たない人だけが何故よびとめるの 為何偏偏總是沒有愛的人來搭訕。 「ごらんよ あれがつまりごろつきって奴さ 「看哪!那就是無業遊民。  話はホラばかり血筋はノラ犬並み 專會講大話騙人,出身就如野狗一樣低賤, 掃除が必要なのさ   この街はいつでも人並みに生きてゆく働き者たちの  ためにあるのだから」 要進行大掃除!這城市為賺血汗錢的人存在。」 街じゅうにあるどんな店に入っても 誰かがきっと席をあけて招いてくれる おとぎばなし 我曾夢想,不論我走進哪一家店, 都有人向我招手給我讓座。 夢は叶って 誰もが席をたつ 如今夢想果真實現,人人見了我都趕緊站起, まるで汚れた風を吸わぬために逃げだすかのように急いで 好像要躲避污衊的風而慌忙離開。 緑為す春の夜に あなたは 傷ついてさまよってた 春色翠綠的夜裡,你忍著傷痛到處徘徊。 誰からも聞こえない胸の奥のため息が 私には聞こえた 我聽到了,你心中那誰也聽不到的嘆息。 緑為す春の夜に ふたりは 凍えきってめぐり会った 春色翠綠的夜裡, 受著風霜的倆人相遇了; 与えあう何ものも残ってはいないけど 彼此都沒有什麼能給對方, もう二度と傷つかないで 只能希望不再受傷。 耳を疑うほどに他人(ひと)は喜んでいた 誰也無法相信,人們竟然那樣高興。 「まとめて片づく 早く旅立つがいい」 「這樣可一了百了,兩人走得越早越好!」 緑為す春の夜に ふたりは 凍えきってめぐり会った 春色翠綠的夜裡, 受著風霜的倆人相遇了; 与えあう何ものも残ってはいないけど 彼此都沒有什麼能給對方, もう二度と傷つかないで 只能希望不再受傷。 女という商売/凡是以女人生財的生意 1.  SWEET POISON, SWEET POISON, 夢を見せてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 帶你進入夢中  SWEET POISON, SWEET POISON, 嘘をついてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 為你編造謊言 女と生まれて来たからにゃ 誰も彼もがみんな同じ 生為女人 無論是誰或她都一樣 男と生まれてきたからにゃ 誰も彼もがみんな同じ 生為男人 無論是誰或他都一樣 どんなに気取ってもお見とおし 再怎麼裝腔作勢 都將被識破  夢の木の実はどこにある  你可知夢之樹的果實在哪兒  それを売るのが仕事よ  我就是以賣它為生  SWEET POISON, SWEET POISON, 夢を見せてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 帶你進入夢中  SWEET POISON, SWEET POISON, 嘘をついてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 為你編造謊言 2. 女を捜しているのでしょ 自分を捜しているのでしょ 你在找女人吧! 你是在找自己吧! 遠い昔のずっと昔 その日を捜しているのでしょ 遙遠的從前 你就是在找那一天 對吧! 男も女も女だった 不管是男人或是女人都是女人  夢の木の実はどこにある  你可知夢之樹的果實在哪兒  それを売るのが仕事よ  我就是以賣它為生  SWEET POISON, SWEET POISON, 夢を見せてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 帶你進入夢中  SWEET POISON, SWEET POISON, 嘘をついてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 為你編造謊言  SWEET POISON, SWEET POISON, 夢を見せてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 帶你進入夢中  SWEET POISON, SWEET POISON, 嘘をついてあげる  SWEET POISON,SWEET POISON 為你編造謊言 頁面播放的是「歡迎你來極樂地帶」,按esc可停止。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態